賃貸で賃料を決めるとき

賃貸でも壁を飾りたい。でも穴は開けたくない。そんな時どのように対処したらいいのだろうか。いろいろなアイデア。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸でも壁の傷を気にせずにインテリアをたのしみたい。

賃貸に住んでいて、なんとなく不便だなと感じるところは壁を自由に使えないことですね。実際は画鋲くらいでしたら壁に刺してもいいのでしょうが、もしかして壁紙はりかえになって敷金が返ってこないかもなんて思うとプスプスと気楽にはさせないですよね。

でも壁に自由に穴をあけれないとインテリアとしても寂しいですし、いろいろ不便になってきますね。そんな中でもいろいろと工夫して賃貸ならではのインテリアを楽しんでいる人たちもたくさんいます。たとえばマスキングテープ。マスキングテープは壁紙の上にべったりと張っても簡単にきれいにはがすことができます。マスキングテープを利用して壁に絵や写真を飾って楽しむのもいいですね。他にもコルクボードを利用して壁に写真を飾ったり、メモをつけたりすることもできます。ホームセンターなどに行くといろいろな便利グッズもたくさんあります。

探してみると結構賃貸でも壁を傷つけずにインテリアを楽しむことができるということがわかります。不便ながらもいろいろなアイデアを考え生み出しことも一つの楽しみになるのではないでしょうか。賃貸でもあきらめずにネットなどでアイデアを探してみたり、試してみたりしてインテリアを楽しむのもいいと思います。

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.