賃貸で賃料を決めるとき

古くなってしまった賃貸アパートに入居してもらうには、アパートそのものに魅力を持たせないといけません。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸のアパートに魅力を与えるには

どこかに部屋を借りたいと思ったとき、最初に目がいくのは、建物の外観だと思います。新しい家がパッと目を引くのと同じで、賃貸物件にも同じことが言えるのは間違いないでしょう。ただ、築年数が経った一戸建ての外観をきれいにするのも大変ですが、マンションにしてもアパートにしても、賃貸物件の外観をきれいにするのは、さらに容易ではないと思います。けれど、今は入居者が入居先を自由に選べる、いわば空室があふれかえっている時代ですので、古びた建物にはどんどん空室が増えていくことを覚悟する必要があるでしょう。

どうしても入居者を確保したいとなれば、手っ取り早い方法は家賃を引き下げる方法であり、これにより入居者が確保できることはあると思われます。けれど、家賃はもっと出してもいいからきれいなところに住みたいと思う人は、どうしても新築のほうへと流れて行ってしまいます。今まで住んでいた人が出て行けば、また空室になってしまうでしょう。そのため、特に古さが目立つアパートでは、思い切ったリノベーションをする必要があるのは間違いありません。そうすることで他との違いを際立たせることができますし、そこに新たな魅力が生まれるのは間違いないと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.