賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件に住む単身者の生活費はどのくらいかかるでしょうか。光熱、通信、食費などを計算して家賃をどの位にするか

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸に住む単身者の生活費

単身者が賃貸物件探しをする際に、家賃をどの位支払えるか計算してから物件を探す必要があります。一般的に収入の3分の1位が家賃の適性値と言われています。実家を出て初めて一人暮らしをする場合に、自分で月々どの位の生活費が必要になるかあらかじめ計算しておくことはとても重要です。まず光熱費ですが、電気やガス、水道代がかかります。ガスは都市ガスよりプロパンガスの方が高いと言われています。平均的な電気代は5,000円前後ですが、エアコンが好きで夜中ずっとかけているなどということになるともっと高くなります。

水道代は2ヶ月に1回の請求があり、平均金額は2ヶ月で6,000円前後と言われています。シャワーを1日2回入るとか、歯磨きや食器洗いの際にずっと流しっぱなしにしていればもっとかかります。ガスは季節によって多少変動しますが平均して5,000円前後と言われています。冬にはお湯を沸かすのに時間がかかるので金額が高くなります。通信費は携帯代、インターネットのプロバイダー代などがあります。

なるべく貯金をしたいという人は家賃を安めにして部屋を借りると良いです。そして、光熱費や通信費を抑えられる物件を探すのも良いです。エアコンが新しかったり給湯器がエコ使用ですと電気代を抑えることができます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.