賃貸で賃料を決めるとき

賃貸で転勤を経験した方が重視していることは家賃で、次が立地や周辺環境になっており、住まいの周りの環境が重要

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸で住まいの環境が大事

賃貸で最上階のメリットは、上の階空の足音や物音などの騒音がなく、同じ建物内の度の階よりも日当たりや風の通りに優れていて、建物の周りに遮るものがなければ開放感があり、きれいな夜景などの眺望を楽しめます。そして屋上〜天井からの熱で冬は暖かくなっています。そして空が近く感じられて、天気の日は気持ちがいいです。そして屋上が庭園などに緑化されていると、最上階でも以上に暑くはなりません。そして構想の最上階の時、目の前ニビルなどがたっていても日照が制限されるようなリスクが小さいです。そして最上階だけ天井が高くなっている物件もあります。

そして、転勤を経験した方がお部屋を決める時に重視したのは、やはり一番が家賃で次が立地や周辺環境、続いて、通勤・通学時間、間取り、路線・駅やエリア・面積の準になっています。そして、転勤により、それまで知らないような地域に住むことになる方が多く、全体平均に比べてみると、住まいの周りの環境と勤め先までの所要時間が特に気になるようです。そしてさほど重視されていないのは、初期費用で、これは転勤に際して会社から補助やてあげが支給されることも多いと考えられます。そして、転勤の辞令が出される時期は約5割の方が異動日の30日以内と答えています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.