賃貸で賃料を決めるとき

海外で賃貸の物件を借りるときに、日本と異なる事がありますのでその事について書いていきます。

賃貸で賃料を決めるとき

海外で賃貸の物件を借りるときの注意

海外に仕事や留学等で行く場合には向こうの国で賃貸の物件を借りないといけないですが、日本と制度が異なる事がたくさんあるため、この違いについてきちんと抑えておく事が大事になります。まず設備についてですが、これはお風呂や水道やガス等の事で日本も海外も同じです。しかし日本ではこれらが備え付けられていたら特に使っても問題ないという事があります。しかし海外では部屋の中についていても使ってはいけないということもあります。こうしたものを使ってオーナーとトラブルになったというケースもありますので、必ず契約のときに確認しておく事が大事になります。

そしてこういった設備を使うと音が出てしまう事もあります。日本では多少の生活音であれば夜遅くでない限りは文句が出てこないという事があります。しかし海外ではこうした音でもトラブルになる事があります。そのためこうしたものを使っても問題ないかについても確認するのと同時に近隣の人の状況等も聞いておくといいです。あとは居住用のみの利用で事業用に使う事は出来ないという事もありますし、周りの設備などについても使用してはいけないところもあるため、こちらも契約の段階できちんと確認して、あとでトラブルにならないようにする事が大事です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.