賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件によっては家賃の支払いが後払いではなく前家賃として入居前に徴収される物件があります。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸の前家賃には注意しておこう

賃貸物件は家賃が後払いの物件と先払いの物件があります。一般的に何かの支払いをするときは後払いが多いものですが、賃貸の場合は入居前に家賃2か月分などを先払いしなければならないことがあります。この賃貸の家賃の先払いを前家賃と呼びます。賃貸契約では敷金や礼金と言った初期費用が色々とありますが、前家賃も初期費用の代表的なものです。賃貸物件を探すときはしっかりと家賃の内容を確認しておき、前家賃には注意をしておきましょう。

賃貸で前家賃があると損をするというわけではありません。家賃は先払いでも後払いでも、いずれにしても支払うことになるお金です。どうして注意が必要なのかと言えば、賃貸へ入居するときに前家賃があるとその金額を先に用意しなければならないので、負担が大きくなるからです。前家賃に敷金や礼金なども加わってくると、初期費用はとても大きくなります。人によってはまとまったお金を用意することが難しいことがあるので、そうした場合は前家賃が無い賃貸を選ぶと良いです。

もし、前家賃がある賃貸を選ぶ時は家賃の何か月分を入居時に用意しなければならないのかをしっかりと確認しておきましょう。初期費用は総額として何にいくらかかるのか把握することが大事です。

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.