賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件でルームシェアをする場合は、料金を均等割できる間柄の友人と住むことがトラブルにならない方法です。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件でルームシェアする場合

広い賃貸物件を借りてルームシェアをするという人も多いです。まずは一戸建てかマンションにするかを選びます。一戸建てであればより広い部屋と部屋数があるので、3人以上でシェアする際には一戸建てを選びます。一戸建てかマンションを選ぶかによってメリットとデメリットが存在します。

一戸建てであればやはりセキュリティが心配になります。3人で住んでいれば一見セキュリティに心配が無いと考えられますが、実際には鍵の閉め忘れの可能性が3倍になります。また、常に3人が家に揃っている訳ではないので、ちょっとした不注意で空き巣に入られる可能性があります。また、空調設備を全室に付けなければならないので光熱費が割高になったり、その料金の割り方でもめる可能性があります。マンションであれば、必ず各部屋に窓が付いている部屋を選ぶことが大切です。窓が付いていない部屋は住むのに適していないので、その部屋に住んでいる人に不満が生まれます。ルームシェアするのであれば、退去時にハウスクリーニング代が高くならないように、破損や汚染の対策を講じることが大切です。全てを均等に割って支払うことが出来る仲の友人と住むことがトラブルにならない方法です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.