賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件を選ぶ際には、子供の有無や将来の暮らしを考えて、長く住める物件を見つけることが大切です。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件に住む場合は家族の年齢を考慮する

賃貸物件はいつでも引越しすることは可能ですが、出来るだけ長く住むことによって引越し費用や初期費用がかからずに済みます。出来るだけ長く住むのであれば、将来的なことも考えて立地条件や間取りを選ぶことが大切です。

子供を作る予定がある場合は、近くに幼稚園や小学校がある土地が便利です。通学にあまり時間がかかると親としては心配になるので、徒歩10分程度の距離にある土地を選びます。公立の中学や高校も近くにあることが望ましいので、繁華街などは避けて選びます。また、自分が年齢を重ねた時のことも考慮することが大切です。賃貸一戸建てに住む場合は二階建てであるので、あまりにも急な階段を付けてしまうと将来的に登り降りが苦しくなります。腰痛の持病があればそういった時は早くに訪れるので、出来るだけゆとりのある構造の家を選ぶことが大切です。子供部屋もいるので、間取りを余分にとって借りることも大切です。重要なのは実際にその部屋を子供部屋にするまでに使用することです。空き部屋があるということは、その部屋の分の家賃が無駄になるということなので、趣味の部屋や書斎にするなど工夫をして無駄を無くすことが大切です。将来のことを考えて選べば高い初期費用や引越し費用が抑えられます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.