賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件の仲介手数料や家賃交渉は丁寧に謙虚な気持ちで行って、成功すれば必ず感謝の気持ちを述べることが大切です。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件の仲介手数料は場合によっては安くなる

賃貸物件に実際に入居するには多くの初期費用がかかります。それぞれ家賃の二ヶ月分程度であるので、多くの予算が必要になります。初期費用の一つである不動産会社へ支払う仲介手数料は、家賃の一ヶ月分に相当する金額が相場ですが、場合によっては値引き交渉を行うことが可能です。

まず、仲介会社の場合、値引き交渉は行わないことが得策です。いきなりの値引き交渉は物件を紹介する気を失せさせてしまいます。いきなり値引き交渉をするような人物は物件の管理者からも嫌われるので、そういった人物を紹介することで、仲介会社と物件の管理者との関係が悪くなります。入居審査も同時に行われていることを認識して、横暴な態度をとることは避けることが大切です。管理会社が管理する物件を契約した場合の仲介手数料は値引き交渉が出来る可能性があります。家賃よりも仲介手数料を下げてもらう交渉をする方が得策です。仲介会社の場合は仲介手数料よりも家賃の値引き交渉を行います。どちらの交渉も丁寧に謙虚な気持ちで行うことが大切です。値引きは会社と管理者の良心によって行われることを忘れずにしましょう。値引きしてもらったら必ず感謝の気持ちを述べて、今後の関係に影響が出ないようにします。

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.