賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件は集合住宅の場合は住民同士のトラブルが起こる場合があるので、生活音には充分に注意することが大切です。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件に住む時の隣人への挨拶

賃貸物件はいつでも引越しすることは可能ですが、マンションやアパートに住む場合は集合住宅に住むということであるので、ある程度の近所づきあいはしておく方が得策です。いざという時に助けてもらえるように挨拶を交わす程度の付き合いはしておくことが大切です。

挨拶をするタイミングはたまたまエレベーターで一緒になった時ぐらいしかないので、引っ越したタイミングで粗品を持って挨拶に行きます。受け取ってもらえない場合もありますが、その場合は近所づきあいを断られたということであるので、気にせずに反対の隣人に持っていきます。集合住宅に住むことで一番懸念されるのは住民同士のトラブルです。これは物件の管理者にも大きな迷惑をかけることになり、場合によっては強制退去を命じられる場合があります。些細なことが原因でトラブルに発展することが多く、生活音や常識はずれの音量で音楽を聴いているとこういうことになります。生活音に関しては夜に帰宅する際には廊下を静かに歩いたり、ドアを静かに閉めることでトラブルへの発展を未然に防げます。共同生活に近いということを認識して、お互いに気を付けておくことが大切です。もしトラブルになれば管理者に立ち会ってもらって話し合いで解決することが大切です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.