賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件はセパレートタイプでフローリングであることが条件です。退去時の原状回復にお金をかけないようにします。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸物件の必要な設備と間取り

賃貸物件は間取りや立地条件だけで探すのではなく、必要な設備を条件に加えることでより快適な暮らしが実現出来ます。設備の中で最も必要なものはセパレートタイプであることです。これは風呂とトイレが別になっている設備であり、一戸建て住宅であればほとんどがセパレートタイプになっています。

一人暮らしであればセパレートタイプでなくても不便はないように感じますが、友人が来た時などはトイレと風呂を同時に使用出来ないので非常に不便です。一人暮らしであってもトイレの排水口の臭いがシャワーを浴びていても漂ってくるので気分が悪くなることがあります。また、床はフローリングであることが大切です。液体をこぼした場合でも拭き掃除をすれば綺麗に拭き取れることがほとんどで、畳であれば修復出来ないことがほとんどです。退去時には原状回復の義務があるので、汚れなどはハウスクリーニング代金を支払って綺麗にしてもらわなければなりません。無駄なお金をかけない為にもフローリングにしておくことが大切です。こういった設備だけではなく間取りも重要です。各部屋の位置やそれぞれの日当たりも考慮して選びます。窓が無い部屋は物置部屋になってしまうので注意が必要です。

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.