賃貸で賃料を決めるとき

新築の賃貸物件は今まで誰も住んでいないので、非常に気持ちがいいですが、状況に応じて対策を講じる必要があります。

賃貸で賃料を決めるとき

新築の賃貸物件に住むメリット

賃貸物件には新築物件とそうでない物件があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。新築と名称が付く物件は築一年未満で未入居の物件です。真新しい物件に住みたいのであれば、新築が条件になりますが十分な資金が無ければ条件に加えることは出来ません。築年数は経過すればするほどに物件の価値が下がるので、それと同時に家賃も下がっていきます。新築は最も水準が高いので、予算に余裕がある場合にしか選べません。

新築物件は設備も充実していることが総じて多いので、更に家賃が高くなります。築10年以上の物件は家賃が大きく下がりますが、設備が同じであれば2万円から3万円程度しか違いはありません。しかし、新築物件は設備が充実しているので、4万円程度の差が生じることがほとんどです。新築物件は誰も今までに住んでいないということが最も大きいメリットであり、気持ちよく住むことが出来ます。その反面、これから起こることに対する対策が講じられていないので、住んでいて不便が生じる可能性もあります。その度に管理者に報告して対策をしてもらう手間がかかります。10年以上同じ物件に住むのであれば新築物件は非常に得で、10年を過ぎると家賃も下がります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.