賃貸で賃料を決めるとき

賃貸住宅の家賃交渉にはコツがあります。繁忙期ではなく閑散期を狙い、借りることを前提にして交渉をするのです。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸住宅交渉のコツについて

家賃というのはできれば安い方が良い筈です。しかしたとえば賃貸探しの繁忙期などは、入居者が見つけやすく、家賃交渉もなかなかうまくいかない確率が高かったりします。家賃交渉には時期ややり方にコツがあるのです。

家賃交渉を成功させるためには、前述のように、繁忙期よりも閑散期を狙うべきです。繁忙期は交渉に応じずとも入居者を見込むことがある程度できる時期ですし、不動産会社も部屋探しをしている人が多い中で忙しく、あまりオーナーとの交渉の仲立ちに時間を割いてくれなかったりするのです。そうなると、なかなか交渉も成功しづらいでしょう。ですから、交渉成功のためには時期を考える必要があるのです。賃貸探しの閑散期を狙うと、入居者が見つかりづらい時期ですから、空室の建物のオーナーなどは手っ取り早く入居者を見つけてしまいたいという状況にあります。建物のオーナーがいちばん恐れるのは空室であり、そこにうまい具合に取り入ることができやすい時期なのがこの閑散期なのです。

また、家賃交渉をするときは、借りることを前提にして交渉を始めると成功の確率がぐんと上がります。「家賃をあともう少しだけ下げてくれれば即決で借りる」といったような言い方で、交渉をすると良いでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.