賃貸で賃料を決めるとき

賃貸併用住宅のメリットとしては、住宅ローンが組めるということです。ローンの返済が住めば、財産にもなります。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸併用住宅のメリットについて

住宅を建てる際に、賃貸併用住宅を建設するという選択肢があります。賃貸併用住宅というのはどういうものかと言うと、要するに自宅兼賃貸住宅ということであり、賃貸住宅に建物のオーナー自身が住んでいるという住居形式のことです。賃貸併用住宅にするとどんなメリットがあるでしょうか。

賃貸併用住宅のメリットとしては、住宅ローンが組めるということです。住宅ローンで建物を建てて、それを賃貸住宅として貸し出すことができるところがそのいちばんのメリットということができます。一般的にアパートローンだと返済期間が25年であるのに対して、住宅ローンだと最長35年になります。返済期間が短いと月々の支払いはどうしても重くなってしまいますし、住宅ローンの方がアパートローンに比べて金利も安い傾向にあるので、賃貸経営をしながら安いローンを組むことができ、月々の収益も増えていくのです。

それに、ただ住居用の建物を建てることといちばん違うのが、家賃収入を得られるということです。それにローンを返済してしまえば、収支はほとんどが収入だけということになり、将来的な資産を構築することができるのです。今は不動産を持っているだけでは大きな利益は生み出せません。こうして資産を運用することによって、不動産は資産としての価値が出てくるのです。

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.