賃貸で賃料を決めるとき

賃貸一戸建ては軒下と天井裏のチェックをしっかりします。対策が講じられていない場合は管理者に依頼します。

賃貸で賃料を決めるとき

賃貸一戸建ての下見のチェックポイント

賃貸一戸建てに住む場合には、マンションやアパートよりも多くの点をチェックしなければなりません。マンションやアパートは一階に住まなければ軒下や天井裏のことを気にしなくても住みますが、一戸建てであれば必ず確認しなければなりません。

築5年以内のまだ新しい一戸建てであっても既に害獣や害虫の被害に遭っている可能性があります。そういった被害に遭っていたとしてもしっかり対策が講じられていれば問題はありませんが、多くの場合は対策されずに放置されています。特に築年数が浅ければ対策が講じられている可能性が低いので、下見の際にしっかりチェックすることが大切です。そして雨漏りがしていないかもチェックします。二階に上がって天井を見てシミになっている部分があれば、雨漏りする可能性があります。雨漏りを放置してしまうと、床の木材が腐ってしまうので必ず修繕してもらうことが大切です。そして、一番気をつけることが水周りです。既に害虫被害に遭っている物件であれば、シロアリの巣があってシンクの下に繋がる木材が被害を受けている可能性があります。また、ネズミが排水のパイプをかじっていないか確認する為に、しっかり水が流れるかチェックします。

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸で賃料を決めるとき.All rights reserved.